差分表示


いつの間にか,Yahooも&link(RSSリーダーを提供していた,http://my.yahoo.co.jp/promo_jp/rss_reader/index.html);のか.

//title=YahooのRSSリーダー
//parent=時事,その他/Blog
//parent=RSS
//mdate=2005-09-06
と思って説明を詳しく読むと,どうも&link(Bloglines,http://www.bloglines.com/);のようなWeb型だった.
MyYahooというのがデータベースを持っていて,そこでRSSの情報を集中管理している.
利用者は自分用のRSSを,そこに登録していくことになる.

そして,サイト制作者向けには,「My Yahoo!に追加」ボタンというものが提供されている.(これもBloglines風だ)

またPING送信とやらに対応していて,コンテンツを更新したタイミングを,サイト制作者からMyYahooに通知することができるようだ.
PING送信しない場合にどの程度の頻度で更新されるのかは,書かれていなかった.

まぁ天下のYahoo様がこういうことを始めたということは,それなりに意味があるのでしょう.

しかし,この文章には参った.
--(
RSSを提供している方へ

サイト上に「My Yahoo!に追加」ボタンを設置すると、
あなたのサイトへのアクセスを増やせます。
--)
ここまでサラッと断言されると,設置しようかという気になる.

...と思って試してみたが,設置したボタンをクリックすると,
--(
http://www.rensa.info/rss/rensainfo.xml
このRSS提供サイトは追加できません。別のサイトでお試しください。
--)
と言われて駄目だった.
よくわからん.


© 2022 KMIソフトウェア