差分表示


PyukiWiki0.1.0をPyukiWiki0.1.1にバージョンアップ・移行する
//parent=PyukiWiki
*PyukiWikiのバージョンアップ(attachプラグイン導入)

&link(PyukiWiki,http://nekyo.hp.infoseek.co.jp/);のVer 0.1.1で,
待望のattachプラグインが導入されました!

Ver 0.1.0からVer 0.1.1への移行手順について記述します.
----


**1.ダウンロード
http://nekyo.hp.infoseek.co.jp/pyuki_011.zip
~
から,PyukiWiki Ver 0.1.1のZIPファイルをダウンロードした.

**2.設定ファイルの変更
以下の内容を,設定ファイル(pyukiwiki.ini.cgi)に追加する.

pyukiwiki.ini.cgi に追加
--(
&verb(#) for ver 0.1.1 2004.09.04
$::enable_convtime = 1; # 1:Disp Convert Time/0:None;

&verb(#) add Ver 0.1.1 2004.09.04
&verb(#) edit
$::cols = 80;
$::rows = 25;
$::file_format = "$::modifier_dir_data/format.txt";
$::extend_edit = 1;          # 0:Normal / 1:Use Extend Edit

$::plugin_dir = "./plugin/"; # Plugin Directory

&verb(#) attach
''$::file_uploads = 2;''         # 0:Non/1:Use/2:WithAuth
$::max_filesize = 1000000;   # Upload Limit File Size
$::upload_dir = "./attach/"; # Attach Directory
--)

なお,
''$::file_uploads = 2;''
の行は,ファイルアップロード(attach)機能の利用制限についての設定.

,file_uploadsの値,動作
,0,attach機能を使用しない
,1,誰でも使用できる
,2,管理用パスワードを入力したユーザのみ使用できる

管理者しかファイルをアップしないなら,2で良い.

**3.wikiディレクトリの更新
更新する必要があるのは,以下の2ファイル.

-wiki.cgi (上書き更新)
-instag.js (新規追加)
-pyukiwiki.ini.cgi (手作業修正)

pyukiwiki.ini.cgiについては,2.で既に述べた.

**4.attachディレクトリの作成
アップロードしたファイルの格納先として,wikiディレクトリ配下に
attachという名前でディレクトリを作成する.

なおこのディレクトリには,Webサーバが書き込みを行うので,
それ相応のパーミッションを設定しておく必要がある.
chownでnobodyをオーナーにしておくとか,chmodで誰でも書き込み可能にしておくとか.

私の場合は,attachディレクトリのオーナーをnobodyにしておきました.

**5.imageディレクトリの内容を更新
wiki/imageディレクトリの中に,いつの間にかファイルが増えていた...

どのバージョンでどのファイルが追加されたのか判らないが,
file.pngなど,とにかくattach機能で使うアイコンファイルがあるので,最新の内容を全て追加しておく.

まぁこれをやらなくても,ブラウザでアイコン画像が×印で表示されてしまうだけではある.

**6.pluginディレクトリの内容を更新
wiki/pluginディレクトリに,以下の新ファイルを追加した.

-edit.inc.pl
-attach.inc.pl
-ref.inc.pl
-adminedit.inc.pl
-lookup.inc.pl

少なくとも,attach機能本体のattachと,アップされたファイルを参照するためのrefは,
必須かと思う.

**7.リソースファイルの更新
データ格納用ディレクトリ($::modifier_dir_dataで指定しているディレクトリ)にある,
resource.ja.txtを更新する.

アップロード関係のメッセージが色々追加されているので,
これをやらないと意味不明なアップロード画面になってしまう.

**8.稼働
これで動作するはず.

とりあえず,連鎖ウィキでは動いています.
~
http://www.rensa.info/wiki/
PyukiWiki0.1.0をPyukiWiki0.1.1にバージョンアップ・移行する
//parent=PyukiWiki
*PyukiWikiのバージョンアップ(attachプラグイン導入)

&link(PyukiWiki,http://nekyo.hp.infoseek.co.jp/);のVer 0.1.1で,
待望のattachプラグインが導入されました!

Ver 0.1.0からVer 0.1.1への移行手順について記述します.
----


**1.ダウンロード
http://nekyo.hp.infoseek.co.jp/pyuki_011.zip
~
から,PyukiWiki Ver 0.1.1のZIPファイルをダウンロードした.

**2.設定ファイルの変更
以下の内容を,設定ファイル(pyukiwiki.ini.cgi)に追加する.

pyukiwiki.ini.cgi に追加
--(
&verb(#) for ver 0.1.1 2004.09.04
$::enable_convtime = 1; # 1:Disp Convert Time/0:None;

&verb(#) add Ver 0.1.1 2004.09.04
&verb(#) edit
$::cols = 80;
$::rows = 25;
$::file_format = "$::modifier_dir_data/format.txt";
$::extend_edit = 1;          # 0:Normal / 1:Use Extend Edit

$::plugin_dir = "./plugin/"; # Plugin Directory

&verb(#) attach
''$::file_uploads = 2;''         # 0:Non/1:Use/2:WithAuth
$::max_filesize = 1000000;   # Upload Limit File Size
$::upload_dir = "./attach/"; # Attach Directory
--)

なお,
''$::file_uploads = 2;''
の行は,ファイルアップロード(attach)機能の利用制限についての設定.

,file_uploadsの値,動作
,0,attach機能を使用しない
,1,誰でも使用できる
,2,管理用パスワードを入力したユーザのみ使用できる

管理者しかファイルをアップしないなら,2で良い.

**3.wikiディレクトリの更新
更新する必要があるのは,以下の2ファイル.

-wiki.cgi (上書き更新)
-instag.js (新規追加)
-pyukiwiki.ini.cgi (手作業修正)

pyukiwiki.ini.cgiについては,2.で既に述べた.

**4.attachディレクトリの作成
アップロードしたファイルの格納先として,wikiディレクトリ配下に
attachという名前でディレクトリを作成する.

なおこのディレクトリには,Webサーバが書き込みを行うので,
それ相応のパーミッションを設定しておく必要がある.
chownでnobodyをオーナーにしておくとか,chmodで誰でも書き込み可能にしておくとか.

私の場合は,attachディレクトリのオーナーをnobodyにしておきました.

**5.imageディレクトリの内容を更新
wiki/imageディレクトリの中に,いつの間にかファイルが増えていた...

どのバージョンでどのファイルが追加されたのか判らないが,
file.pngなど,とにかくattach機能で使うアイコンファイルがあるので,最新の内容を全て追加しておく.

まぁこれをやらなくても,ブラウザでアイコン画像が×印で表示されてしまうだけではある.

**6.pluginディレクトリの内容を更新
wiki/pluginディレクトリに,以下の新ファイルを追加した.

-edit.inc.pl
-attach.inc.pl
-ref.inc.pl
-adminedit.inc.pl
-lookup.inc.pl

少なくとも,attach機能本体のattachと,アップされたファイルを参照するためのrefは,
必須かと思う.

**7.リソースファイルの更新
データ格納用ディレクトリ($::modifier_dir_dataで指定しているディレクトリ)にある,
resource.ja.txtを更新する.

アップロード関係のメッセージが色々追加されているので,
これをやらないと意味不明なアップロード画面になってしまう.

**8.稼働
これで動作するはず.

とりあえず,連鎖ウィキでは動いています.


© 2020 KMIソフトウェア