差分表示


昨日の日記で,Webインターフェイスとして感心させられてしまう,と書いたが,&link(今朝の日経,http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?i=2005100907507ba);を読んでいてここらへんの内容は,技術的にはAjax (Asynchronous JavaScript and XML) と呼ばれていることが判明した.

//title=Ajaxという名前でモチベーション改善?
//parent=時事,その他/Blog
//mdate=2005-10-11
&link(古くて新しいAjaxの真実を見極める @IT,http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/special/ajax01/01.html);

Ajaxの構成要素は特に目新しいものではないが,こういう名前を付けられると,おぉっと来るものがある.
今までは単に「ややこしいことをやってるな」で終わっていたのが,「Ajaxをやっている」となる.

カモランドでも連鎖ゲーム関係で,1ページ内で次々にinnerHTMLを差し替えて画面を変化させるという処理は実践しているが,その元ネタをXMLHttpRequestを使ってサーバから取得するようにすれば,Ajaxになるわけだ.
ただ,それをやらずにページ遷移を挟んでいるのは,ややこしいことをやりたくないからやってないわけで...Ajaxという名前がついても,処理がややこしいことには変わりない.
JavaScriptでゴリゴリ実装するのは,非常に辛い.

ただ,「俺はAjaxをやっているぜ」となると,何となく辛い作業でもモチベーションを高められそうな気がする.気分的に.

名前を付けるというのは,重要だ.



© 2020 KMIソフトウェア