差分表示


天気が良いので,奥武蔵でまだ歩いていなかったコースを,徘徊した.

//title=子の権現、竹寺(2006年5月)
//parent=奥武蔵・中央線沿線の山
//mdate=2006-05-22
//IndexPicture=/landscape/image/blog20060521b1.jpg
#map_koutei
//mk=5/21 ?,吾野駅(西武秩父線),139.225778,35.908423
//mk=5/21 ?,子の権現,139.188917,35.907297
//mk=5/21 ?,豆口峠,139.186833,35.897658
//mk=5/21 ?,竹寺,139.192333,35.88973
//mk=5/21 ?,小殿バス停,139.182667,35.884595

***(1) 吾野駅〜子の権現(ねのごんげん)
谷沿いの道で,子の権現に出るまで展望は得られない.ただし日陰なので涼しくて助かった.
それでも登りが続くと汗だくにはなってしまいます.

子の権現は結構人が多いので,少しはずれたところで休憩しようとあたりを探索したところ,西に抜けたところでランチの好適スポットを発見.
#mtref(blog20060521b1.jpg)
ここでランチとした.低山徘徊ランチの王道,餅ラーメンである.(サッポロ一番みそラーメン)
***(2) 子の権現〜豆口峠〜竹寺
この道中は快適だった.まずは景色の良い尾根道で,かつ雑木林で道幅狭め.緑のプロムナードと呼びたい.
そして豆口峠を超えてさらに進むと,今度は谷沿いの道に移る.この移り変わりの地点に快適スポットあり.
#mtref(blog20060521b2.jpg)
このザックのすぐ横にある切り株に座ると,谷の方から流れてくる冷たい風が実に気持ちいいのであった.
谷沿いの道はさすがに景観は望めないが,気温が低いため快適に歩ける.
歩いているとそのうち,竹寺の格好良い茅葺きの屋根が見えてくる.
***(3) 竹寺〜小殿バス停
長く下っている途中で足の裏が痛くなったのと,気温が高くて暑いのとで,結構辛かった.
***(4) まとめ
今日は晴れていて暑かったが,このコースは日陰の道が多かったので,救われた感じだ.
夏でも歩けるかも知れない.(さすがに無理かな...)


© 2019 KMIソフトウェア