差分表示


[[前回>為替レートのRSSを生成する]],為替レート情報を収集できるようになったので,このデータを使ってグラフを作ってみることにした.グラフの描画には,Google Chart APIを使った.

//parent=時事,その他/Blog
為替レート情報を収集してカモランド内のDBサーバ(PostgreSQL)に蓄積し始めたので,このデータを使って色々遊びたい.

ゆくゆくは自動分析をやりたいのだが,とりあえずグラフを描いてみることにした.

Web上でグラフを描くには,&link(Google Chart API,http://code.google.com/intl/ja/apis/chart/);がお手軽みたいだ.

それで結局,こんな感じのグラフができた.
-&link(為替チャート,http://kamoland.com/kawase/chart.html);

グラフがGoogleに依存しているのが気に入らないが,この便利さ,背に腹は代えられぬ.
グラフがGoogleに依存しているのが気に入らないが,この便利さ,背に腹は代えられぬ.グラフ化の細かい内容だが,[[Chart APIの簡易エンコードについて書いておいた>PostgreSQLでのROWNUMもどき]].

あとは,別ページに出すのではなく,JavaScriptインクルードで他のページに貼り付けることができるようなコードにできれば,面白そうだ.
カモランド本体に,貼り付けてみたい.


© 2019 KMIソフトウェア