以前,WebDAVでWindowsファイルサーバをマウント公開するというのをやって,インターネットから部屋のファイルサーバを読み書きできるようになった.

しかしWindowsからエクスプローラで閲覧できるものの,httpsなのでネットワークドライブに割り当てられず,Webフォルダ扱いなので,操作性に物足りなさが残っていた. Webフォルダだと,エクスプローラからダブルクリックでファイルを開くことができない.

そこで,NetDriveを使ってみた.以下を参考にした.

NetDriveを使うとWebDAVをネットワークドライブに割り当てられるので,ローカルと全く同じ操作性になる.

このあまりの快適さに少々興奮しながらしばらく使ってみたが...日本語のファイル名が使えないことに気がついた.

日本語ファイル名が使えないとなるとどうにもならないので,Googleで検索したところ,

  • NetDriveの設定で,接続先サーバのプロパティから,「一般設定」-「常にUTF8としてURLを送信する」をONにすればよい

ということがわかった.

確かにこれでうまくいった.素晴らしい.webdav通信の詳細なログを出力できるのもいい.もはやWebフォルダには戻れない気がしてきた.

kamolandをフォローしましょう


© 2017 KMIソフトウェア