有馬温泉付近から,今度は六甲山最高峰に足を伸ばしてみることにしました.その後,六甲全山縦走路の経路で宝塚に降りました

裏六甲から東六甲

 有馬温泉付近から,今度は六甲山最高峰に足を伸ばしてみることにしました. その後,六甲全山縦走路の経路で宝塚に降りました.

  • 8:15 有馬温泉出発
  • 8:30 落葉山山頂
  • 8:50 灰形山山頂
  • 9:20 湯槽谷山山頂
  • 10:15 番匠屋畑尾根のほぼ中間地点
  • 10:40 極楽茶屋
  • 11:20 六甲山頂
  • 11:50 六甲山頂出発
  • 道に迷って船坂谷南部に急降下.復活したが.ロスタイム30分程度
  • 14:45 塩尾寺
  • 15:20 阪急宝塚駅

道に迷わなければ,30分程度は短縮できると思います

国土地理院25000分の1地形図は「有馬」「宝塚」です


裏六甲〜極楽茶屋

湯槽谷山山頂から高尾山に向けて5分ほど歩くと,極楽茶屋への分岐点に出ます. ここで番匠屋畑尾根と呼ばれる南コースに針路を変え,果てしなく下ってゆきます. その後,登り下りを繰り返して進んでゆきます.
今回は体調があまり良くなかったため, 番匠屋畑尾根に入る前に既にかなりばてており,厳しい道中となりました.

番匠屋畑尾根から

番匠屋畑尾根のほぼ中間ではないかと思われる地点で撮影しました.

極楽茶屋跡から

ようやく極楽茶屋跡に到着しました. 車道をわたると,南への展望が開けます.瀬戸内海,淡路島を見渡せます. ここでかなり気力が復活しました.


六甲最高峰

六甲最高峰から

極楽茶屋から六甲最高峰への道のりは,若干の階段の上り下りはありますが, 比較的楽で,ハイキング気分で歩けます.
山頂は広場のようになっていて,既に数十人の人々が昼食を食べ,くつろいでいました.


東六甲

六甲山山頂からは,「六甲全山縦走路」と呼ばれるコースを歩いて, 宝塚までいくことにしました.

六甲

山頂を出発して,15分程度歩いたところから撮影しました.
この後,道を間違えて船坂峠ではなく,船坂谷南部に急降下してしまいました. 時間にして30分程度のロスでしたが,気力体力がかなりダメージを受けました. コース通りに迷わずに歩けたことがない...

六甲山頂から宝塚までの道のりは,激しい登り下りはあまりないのですが, 距離が長いのがつらいです. 展望もいまいちの単調な道中でした.

う〜ん,やっぱり裏六甲の方が風情があっていいなあ

塩尾寺からは舗装道路を下りますが,ここは足に効きます... このあたり途中で全山縦走者らしき人々に,抜き去られてしまいました. 全山縦走のイベントが行われていたようです.(須磨〜宝塚?)

宝塚駅から阪急バスで有馬温泉に戻りました(550円)が, バスが渋滞に巻き込まれて1時間半もかかってしまいました. 有馬温泉周辺の道は幅が狭く,バス同士の離合ができる場所が限られているところに, 路線バス,観光バスが集まるため,余計にひどくなっているようでした. 私が乗っていたバスの乗客は,私を含めて全員途中で降ろしてもらって, 駅まで歩いて行きました.

kamolandをフォローしましょう


© 2017 KMIソフトウェア