今年の初尾瀬は尾瀬沼キャンプ.いつものように大清水から入って(6/28)尾瀬沼キャンプ場で2泊(6/29,6/30)という行程.今回は人が少なく静かな尾瀬を楽しめました.

地図と行程表

あまり体感温度が高くないせいか,割と快調に三平下までたどり着いた.ここでいつものように花豆ジェラートを食べて一息ついた後, キャンプ場受付の尾瀬沼ヒュッテへ向かった.

今回は,ヒュッテでの受付時にテントを張りたいデッキの番号を決めて,その番号と同じ番号の札を受け取るという方式に変わっていた. つまり一昨年の方式に戻ったわけだ. ともあれ俺の場合はもとからNo.14に決めているので,方式は関係ない.

いつものようにヒュッテで風呂に入ってビールを飲んだあと,大江湿原に出かけてみたが, ワタスゲはまずまず.

この日は結局,尾瀬沼キャンプ場に泊まったのは俺一人だった.貸し切り状態で非常に静かで快適だった. 結構晴れていたので23時頃に大江湿原まで星を見に行ったが,やっぱり素晴らしい.

翌日は気持ちの良い晴れ.大江湿原を少し散歩して,また例によって小淵沢田代に出かけることにした. 大江湿原は,タテヤマリンドウとイワカガミによる青と赤の色彩がいい感じだった.

小淵沢田代に出ると,ここにも結構ワタスゲが!

小淵沢田代からキャンプ場に降りる道は,ゴゼンタチバナがやたらと目立った.

戻ったら昼食を食べて,デッキ上でSF小説を読んで夕方までゴロゴロしていた(なぜかテント泊にはSF小説が良くあう). しかし同じ場所にいると虫が寄ってきて刺されるので,定期的に場所を移動しながらゴロゴロするというあまり落ち着かない状況だった.

17時頃にはご飯を炊いて夕食とした.日本ハムトンポーロー角煮を食べたが,なかなか旨かった.

この日も尾瀬沼キャンプ場は,俺だけだった.さらに尾瀬沼ヒュッテのおじさんによると,ヒュッテの客も0人だったそうだ. ミズバショウとキスゲの間の時期だからだろうか.まぁ何にせよ,静かな尾瀬が楽しめるのはいいこった.

最終日は,5時に起きて5時半に朝食(サッポロ一番とんこつラーメン+いなばノンオイルツナ缶+ぶなしめじ1袋)を食べ, 7時に家路についた.

kamolandをフォローしましょう


© 2017 KMIソフトウェア