大清水から,尾瀬沼東岸に入る.尾瀬沼東岸から燧ヶ岳に登り,尾瀬ヶ原(見晴)に下りる.尾瀬ヶ原をぶらぶら歩いて,鳩待峠から帰る

尾瀬 〜2001年夏〜

  • 7/29 大清水から,尾瀬沼東岸に入る
    • 12:15 大清水出発
    • 14:20 三平下
    • 14:45 尾瀬沼ヒュッテ着

  • 7/30 尾瀬沼東岸から燧ヶ岳に登り,尾瀬ヶ原(見晴)に下りる
    • 7:15 尾瀬沼ヒュッテ出発
    • 11:15 燧ヶ岳山頂(柴安) 2356m
    • 11:30 温泉小屋方面との分岐点
    • 14:00 見晴着

  • 7/31 尾瀬ヶ原をぶらぶら歩いて,鳩待峠から帰る
    • 6:15 尾瀬小屋出発
    • 10:00 山の鼻
    • 11:00 鳩待峠

尾瀬沼周辺の動植物

 またまた尾瀬沼へやって来ました

 尾瀬沼周辺には,たくさんのトンボが暑さをしのぎに来ております

尾瀬で避暑とは,たいしたものです

 ニッコウキスゲは終わりかけてましたが,ヤナギランは見頃でした(ヤナギランの丘)

 ツリガネニンジンか

尾瀬沼の夕焼け

 尾瀬沼ヒュッテにチェックインして(スタンプが2個になったぜ),周囲を散策.

今日は日曜なので,いつものように人は少ないようです.1人1室(4.5畳)があてがわれました.

 夕食を終えたら,次の仕事は夕焼け鑑賞です.
ただいま6時24分

 今日は雲が多いなあ

 雲の切れ間から少しだけ顔を見せてくれました

夕焼け鑑賞が終わるとすることが無くなります.

参議院選挙の結果が気になりながらも,眠りにつきました. (私は不在者投票しました)

尾瀬沼の朝

 ただいま4時50分.普段の生活からは考えられない早起きです.

昨晩は8時頃に寝たのですが,なかなか寝付けなかったので眠いっす

 ん〜,いい感じだ

 大江湿原から...

って,左の1本の木と,右に立ってる2本の木を見れば,オゼラーのあなたならどこなのか一発で判るでしょう (^^;

 5時21分.随分明るくなってきました.そろそろ小屋に戻って,出発の準備でもすっか

見晴

 なんだかんだで新道から燧ヶ岳を登り,見晴に降りてきました.

暑さに参りました.へろへろです.

 尾瀬小屋の前で,蝶,発見!

(蛾?)

この日は,見晴の尾瀬小屋に泊まったのですが,晩も翌朝も霧が濃くてまともに写真を撮れませんでした.

尾瀬小屋では,6畳間で2人の相部屋となりました.

相手の人は,尾瀬に初めて来たという京都の人でした.

「関西方面から尾瀬に来るにはどうすればよいか?」談義に花が咲きました.

見晴〜牛首〜山の鼻

 今日は見晴(下田代十字路)を出発して,山の鼻から鳩待峠に出て帰るというスケジュールです. 至仏山に登る予定はどこへいったのやら...
ひよってしまいました.

 ニッコウキスゲ,1輪じゃ寂しいのう

 晴れていると,池塘の美しさに引き寄せられます

 この形は,紛う方無き燧ヶ岳ではないか

 まもなく山の鼻に到着します.

2泊の充実した尾瀬滞在も,終わりを告げるのであった

次は,秋の草紅葉だ!

kamolandをフォローしましょう


© 2017 KMIソフトウェア