尾瀬に過去2回行きましたが,水芭蕉は見たことがありませんでした.そこで今回,水芭蕉を狙って春の尾瀬に出かけました

尾瀬 〜2000年春〜

 尾瀬に過去2回行きましたが,水芭蕉は見たことがありませんでした. そこで今回,水芭蕉を狙って春の尾瀬に出かけました.

行きは,

  • 東京 --(上越新幹線.5240円)--> 上毛高原
  • 上毛高原駅 --(関越交通バス.2600円)--> 大清水

と言うわけで,大清水から三平峠ルートで尾瀬沼に入り,尾瀬沼ヒュッテに泊まりました. 1泊3食(夕,朝,弁当)で8200円.1人でも相部屋ではなく個室でした.(空いていました)

そして翌朝,尾瀬ヶ原へ向かい,そのまま山の鼻から鳩待峠に出て帰りました.

  • 鳩待峠 --(関越交通乗合バス.900円)--> 戸倉バス停
  • 戸倉 --(関越交通バス.2450円)--> 上毛高原駅
  • 上毛高原 --(上越新幹線.5240円)--> 東京

かなり雪が残っていることを想定して,軽アイゼンを携行しましたが, それほどではなく,トレッキングシューズでも大丈夫でした. しかし尾瀬沼南岸に,かなり慎重に歩かないと危険な個所はありました.

尾瀬沼

 大清水を12時半頃に出発しました.

 大清水から三平峠までは,全く雪は残っていませんでしたが, 三平峠を越えてから下りにはいると,雪が結構残っていました. 下りの階段が雪で埋まっているような難所もあり,そこでは僕の見ている前で3人転倒していました.

普通の靴で行くのは,かなり危険です.

 おぉ,尾瀬沼,燧ヶ岳が見えてきました.

 尾瀬沼を沿う木道を歩き始めると,たくさんの水芭蕉が出迎えてくれます. 水のあるところに,水芭蕉ありという趣です.

この水芭蕉はかわいいのですが,お化けみたいな巨大な奴も見かけました.

 沼の東岸に,たくさん咲いているのを発見.

 リュウキンカ.

尾瀬ヶ原でたくさん見かけることになるとは,知る由もなし.

15時頃に尾瀬沼ヒュッテに入って,しばらくすると雨が降り出したので,早々に就寝しました. とても寒いので,フリースの中間着を着てさらに毛布をかぶって眠りました.

尾瀬ヶ原へ

 朝7時半に尾瀬沼ヒュッテを出発して,尾瀬ヶ原へ向かいました.幸い,雨は上がっていました.

沼尻までは残雪はほとんどないのですが,沼尻を過ぎてしばらくすると, 雪道,あるいは雪渓を歩くことになります.

なかなか新鮮です.

尾瀬ヶ原

 尾瀬ヶ原,下田代十字路を出てしばらくするとザゼンソウを発見!

結局今回ザゼンソウは,この場所に咲いていただけでした.撮っといて良かった.

 リュウキンカが,ここではお花畑状態です.

 池塘に水芭蕉です.これを背景にして記念写真を撮ったら,いかにも尾瀬って感じでいいよなあ.

池塘の鴨

 上田代は全体的に水に浸かったような状態で,池塘と水たまりが非常に多かったのですが, 何と鴨を発見しました.

尾瀬で鴨を見たのは初めてで,非常に嬉しい気分です.

kamolandをフォローしましょう


© 2017 KMIソフトウェア