また今回も,大清水から三平峠ルートで尾瀬沼に入りました

尾瀬 〜2000年夏〜

 また今回も,大清水から三平峠ルートで尾瀬沼に入りました. そして長蔵小屋に泊まりました.1泊3食(夕,朝,弁当)で8610円.

あれ,尾瀬沼ヒュッテより高いぞ.それでいて食事は尾瀬沼ヒュッテの方が良いのに.

翌朝は長英新道で燧ケ岳に登り,その道を下りてきて, 三平下から再び三平峠ルートで大清水に出て,バスで帰りました.

天候は初日は曇りでしたが,2日目は昼前頃から非常に良い天気になりました.

初日は,

  • 12:30 大清水発
  • 15:00 長蔵小屋着

2日目は,7時間近く歩きました.

  • 6:30 長蔵小屋発
  • 8:30-40 ミノブチ岳
  • 9:10-30 俎(まないた)ぐら
  • 11:30 尾瀬沼東岸
  • 12:00 三平下
  • 13:20 大清水

尾瀬沼周辺の花

ニッコウキスゲの時期が終わったということで,花はあまり期待していなかったのですが, 結構色々咲いていました. でも,名前はよく判りません.

 これはおなじみの,ニッコウキスゲですね

 オオバタケシマラン.

 サワギキョウだと思う.

 コバギボウシ

 コオニユリです.よく目立っていました

 ヤナギラン.ヤナギランの丘にたくさん咲いていました

燧ケ岳登山

 長蔵小屋を出てから2時間後にミノブチ岳に着きましたが,何も見えん

 俎ぐら(2346m)は,岩場になっています.ここでも残念ながら霧のため展望なし

 ミノブチ岳に引き返すと,霧が晴れつつありました.尾瀬沼が一望できます

 同じくミノブチ岳から,尾瀬ヶ原方面を見渡してみます

 下りてきた俎ぐらを振り返ると,登っている人の列が見えます

 大江湿原から見た燧ケ岳です

 大江湿原を流れる川に,魚の群を発見.色の薄くて大きい奴はおそらくイワナで, 小さいのはフナだと思います.

尾瀬でフナってのもいまいちぱっとしませんが, ビジターセンターの兄ちゃんによると,昔,食用のためにフナ,コイを沼に放流していて, その名残だそうです.

kamolandをフォローしましょう


© 2017 KMIソフトウェア