尾瀬というのが地名だと知ったのは,恥ずかしながらつい最近のことでした

尾瀬 〜動植物編〜

「夏がくれば思い出す〜はるかな尾瀬〜遠い空」
という歌(夏の思い出)は,小学校の頃歌っていましたが,尾瀬というのが地名だと知ったのは, 恥ずかしながらつい最近のことでした. それまでは,尾瀬という地形か何かがあるのだと思っていました

 上野を拠点にして,1泊で尾瀬に出かけました.

  • 上野 --(上越新幹線.1時間7分.5040円)--> 上毛高原
  • 上毛高原駅 - (関越交通バス.2時間8分.2600円)--> 大清水
  • 長蔵小屋.1泊3食(夕食+朝食+弁当)で8610円
  • 鳩待峠 --(関越観光乗り合いタクシー.20分.900円)--> 戸倉バス乗り換え所
  • 戸倉 --(関越交通バス.1時間40分.2100円)--> 沼田駅
  • 沼田 --(上越特急水上.2時間6分.4600円)--> 上野

しめて交通費は,15240円.小屋の宿泊費を入れると23850円です.
その他の出費は,

  • 缶飲み物 250円×2 (ポカリスエット,午後ティー) = 500円
  • 公衆トイレ 100円×5 = 500円

缶飲み物は,300mlの缶で250円というのがだいたいの相場になっています. 飲み終わった空き缶は店に返却します
公衆トイレは,チップ制のような感じで, 募金箱に各人が適当にお金を入れるようになっています

オフシーズンの,しかも平日だったため,人は少なかったです.

小屋では,独り者5人で相部屋でした. 2段ベッドが4つある部屋で,雑魚寝ではありませんでした

写真をクリックすると原寸の画像が表示されますが, ファイルのサイズが 100Kbytes〜150KBytes と大きいので注意してください.

三平峠にいた鳩です.よく見かけるタイプの奴です. キジバトか?

尾瀬沼付近は,とにかく赤トンボが多いです.木道にとまっているので, 危うく踏みそうになってしまいます. ってもう秋なのか?

蛙

尾瀬沼から尾瀬ヶ原に向かう道中, 沼尻から30分ほど行った山中で見つけた蛙です

尾瀬ヶ原(見晴)につくと,第二長蔵小屋,売店などがありますが, そこで見つけた鳥です

これもそこで見つけました.両者は違う鳥のようです

売店付近に咲いていた花です.初めて見ました

見晴からさらに竜宮小屋方面に向けて,尾瀬ヶ原を進んでいく途中で見つけました. ニッコウキスゲだと思います.もう少し時期が早ければ, これがたくさん咲いていたのでしょう

尾瀬ヶ原の西端,山の鼻近くで見つけました.ヒツジグサ.

kamolandをフォローしましょう


© 2017 KMIソフトウェア