大阪−名古屋間の道中にある四日市から,内陸部(西)に入っていく「湯ノ山線」を利用して,湯ノ山温泉という温泉地に行ってみました.

湯ノ山温泉

 近鉄電車というと,私は大阪−名古屋間が比較的安価に利用できるという印象があります. その道中にある四日市から,内陸部(西)に入っていく「湯ノ山線」を利用して, 湯ノ山温泉という温泉地に行ってみました. (とは言っても,仕事の出張なのですが...)

近鉄難波 --(近鉄特急.3520円.2時間)--> 四日市--(近鉄湯ノ山線.320円.約30分)-->菰野(こもの)

温泉は「菰野」でなく「湯ノ山温泉」が最寄りなのですが, 今回は仕事の関係上,菰野で途中下車です.


湯ノ山ロッジ

今回は,国民宿舎湯の山ロッジというところに一泊しました. このあたりにしては安価でありながら(結局夕食朝食つきで1万円強ですみました), 食事がおいしく,風呂(温泉)もそこそこ広く(本格的には泳げませんが,けのびはできます), 魅力的な宿でした.

蒼滝への道中

朝の散歩に宿の周りをうろうろしていると,山の方に行くと「蒼滝」というものが あるとの掲示がありました. そこで,向かってみることにしました. 渓流に沿って上ってゆくのですが,これはその道中です.

蒼滝

20分ほどで,蒼滝というのを拝むことができました. 50mの落差があるそうです.


感想

  • 今回は体調を崩していたのと仕事の都合上,あまりうろうろできなかったのが残念です
  • ハイキングコース,ロープウェイがあるようなので,そのあたりを攻めることができれば,
  • いろいろな写真がとれたのでしょうが...今後の課題としときます
kamolandをフォローしましょう


© 2017 KMIソフトウェア