禁断症状が現れはじめたため,花を見ることのできるハイキングコース,という感じで出かけました

 雪が積もってしまったため,低山徘徊はシーズンオフにしてます. しかし禁断症状が現れはじめたため,花を見ることのできるハイキングコース, という感じで出かけました.

もちろん,長瀞,宝登山は全然行ったことのない場所ですが, ロウバイという花が今の時期咲いているという情報を雑誌で読み, 出かけるか,という気になりました.

長瀞は,実は結構有名な観光地のようで, たくさんの人でにぎわっていました.やはりロウバイを見るのがメインなのですが, ラジウム温泉があり,あるいは岩畳と呼ばれる場所には, 舟乗り場がありました.

  • 11:40 秩父電鉄 長瀞駅
  • 12:00 宝登山ロープウェイ乗り場付近
  • 12:50-14:00 宝登山山頂 (497m)
  • 14:40 宝登山ロープウェイ乗り場付近
  • 15:15-16:00 岩畳
  • 16:05 秩父電鉄 長瀞駅

宝登山山頂

 初めはロープウェイで山頂まで行こうと思っていたのですが, ロープウェイ乗り場がぞっとするような長蛇の列で, あっさりあきらめました.

歩きでも標高497mだし,大したことなかろうと思っていたら,大変でした...

約1時間の行程なのですが,後半は雪がたくさん残っていて, さらに道が凍っていたため,転倒しないように非常に神経を使いました.

普通の靴,ズボンで行ったのですが,泥でずいぶん汚れてしまいました.

 おぉ,ようやく山頂に着くと,なかなか素晴らしい展望です. 標高497mとは思えないぜ.

 黄色いのがロウバイです.山頂付近にはこのように蝋梅(ロウバイ)並木があります.

ロープウェイ乗り場の方へ行くと, 梅百花園というのがあり,さらにたくさんの梅にお目にかかれます.

梅百花園

 何とか寒梅だと思いますが,忘れました.この手の梅は,まばらにしか咲いていませんでした.

 これが今回のお目当てである,蝋梅(ロウバイ)です. ほのかな香りを楽しめました.

 下山こそはロープウェイを使おう,あの道は危なくてとても下れない, と思っていたのですが,ロープウェイ乗り場はまたまた長蛇の列...

やむなく何度も足を滑らせて冷や冷やしながら,歩いて下山しました.

岩畳

 駅にいったん戻って,そのまま踏切を渡って数分歩いて岩畳へ.

途中,みやげ物屋や旅館があり,何となく楽しい気分になりました.

 名物こたつ舟!近くで見ると,確かに舟の中にこたつがあり,客はそこに足を入れていました.

kamolandをフォローしましょう


© 2017 KMIソフトウェア