地図ロイドでトラックログ(GPXファイル)を読み込む方法

GPXファイルを読み込む

2011-07-23 ルートラボ,ヤマレコからの読み込みについて追記

読み込む方法

  • ファイルマネージャアプリ(ESファイルエクスプローラーアストロファイルマネージャAndExplorer など)で,GPXファイルを地図ロイドに送信する
  • MyTracks から,トラックを共有-GPXファイル で地図ロイドに送る
  • 山旅ロガーから,トラックを共有-GPXファイル で地図ロイドに送る
  • 見るだけマイマップ?から,Google Fusion Tablesにアップロードされているトラックを共有-GPXファイル で地図ロイドに送る
  • ルートラボ,ヤマレコで公開されているデータを読み込む(下の方で説明します)
  • 自分で作成する.作成する方法は,地図ロイドでルートを作成を見てください

送信したGPXファイルは地図ロイドがコピーを作りますので,元のファイルは削除しても構いません.

GPXファイルを地図ロイドに送信すると,トラックログ一覧に登録されます

0522-1.jpg

表示したいものをタップすると,地図上に表示されます.

0723-6.jpg

ここで金色のボタンをタップすると,トラックログについてのメニューが出ます.

0522-3.jpg

例えば「表示方法の設定」では,ログの表示方法(点/線/点+線)の切り替えができます.

標高グラフをきれいにする

デフォルトでは,標高グラフはGPXファイルに記録されている値を使います. ファイルの作成方法によりますが,GPSの測位誤差などを含んでいてあまり正確ではない場合があります. これを国土地理院のデータを使って修正してみます.

上のメニューで「トラックログ一覧を開く」を押すと,トラックログ一覧画面に戻ります.

0522-4.jpg

そこで先ほどの行を長押しして,「編集」をタップしてください. するとトラックログの設定画面が表示されます.

0522-5.jpg

ここでグラフに使う標高データを「国土地理院データを使う」に変更して「OK」をタップし,再度先ほどの行をタップして,地図への表示を行ってください.インターネットから標高データをダウンロードするため,地図が出るまで少し時間がかかります.(Yahooの標高APIを使っています)

0522-6.jpg

すると右下の標高グラフが,国土地理院のデータを使ってきれいに表示されます.

トラックログを予定ルートとして使う

山旅ロガーGOLDと組み合わせることで,現在の移動中のログと読み込んだトラックログを,重ね合わせて表示することができます.

0723-7.jpg

詳しくは,山旅ロガーでハイキング?を見てください.

制限

まだ対応できていないGPXの仕様があります
要素対応補足
<trk><trkseg>が2個以上あっても1つの<trkseg>として処理します.トラックとしてつながります
<wpt>×ウェイポイント.無視します
<rte>×ルート.無視します

ルートラボから読み込む

ルートラボのサイトを,Androidのブラウザで開いてください

0723-1.jpg

そして,読み込みたいデータのタイトル部分をタップすると,アプリのメニューが出ます

0723-2.jpg

ここで地図ロイドを選択すると,そのデータが地図ロイドに読み込まれます.一番上のデータです.

0723-3.jpg

ヤマレコの山行記録から読み込む

ヤマレコのサイトを,Androidのブラウザで開いて, 読み込みたい山行記録のページを開きます.

そして,真ん中あたりの「GPX」というリンクをタップすると,

0723-4.jpg

アプリのメニューが出ます.

0723-5.jpg

ここで地図ロイドを選択すると,そのデータが地図ロイドに読み込まれます.

kamolandをフォローしましょう


© 2019 KMIソフトウェア