いつの間にか,アイフルのCMに新バージョンが登場していた.どうやら,犬部屋を確保して,あのたくさんの子犬を飼うことにしたように見える.

しかもあれだけペンキを塗っているということは,借家ではなく持ち家なのだろうか.

アイフルから金を借りて,家を買ったのか? そもそもの話(アイフルで金を借りることによって何かを実現できた.良かった!)の筋で考えると,

  • 「アイフルで犬部屋を確保する資金を調達した.アイフルのおかげで犬を飼うことができて良かった」

のはずなんだが,そんな無茶なことはあり得るだろうか.

どうも,話の筋が変わってきているのかね.妙にメッセージ色が濃かったりするし.

...もしかして,今回は計画性のなさとしてペンキの塗り方を問題にしているが, 実はあの人が財政的に終わっている(破産している)ということを暗示しているのかも知れない. 借金に囲い込まれて,もはや身動きがとれないと.

調子に乗って犬部屋まで確保したが,もうここで終わりだと. そう考えると,実に悲劇的なCMだ.これまでのことが,走馬燈のように思い出される.

大量の子犬が来たときに,飼おうとせずに売っておけば良かったものを...なぜ...

kamolandをフォローしましょう


© 2017 KMIソフトウェア