近未来もの,ロボットもの,ということで興味を惹かれて,アイ,ロボットを観に行った.

ロボットの人間に対する安全性を保証するはずだったロボット3原則が,実は解釈によっては人間に危害を及ぼしてしまうという欠陥を持っていた,ということで,一騒動になる. そして過激なアクション,SFXが展開される...

例えば,原則1と原則2を入れ替えればああいうことにはならなかったのだと思うが,ただそうするとロボットが殺人の道具に使われる可能性が出てくるので,そういうわけにもいかないか...難しいですな.

まぁこのような取り返しの付かない事態にまで発展した原因を,

  • 仕様(ロボット3原則)の欠陥

とするのはたやすいが,完璧な仕様を定義できると考えることがおそらく間違いで, これで大丈夫,と考えていたことが,実は予想外の問題を引き起こしてしまったというのは,人間にとってよくあること.

ただ,この問題の規模が小さければ良いんでしょうけど,原子力や遺伝子関係のニュースを見ていると巨大化する方向に向かっているご時世で. 何つうか,世の中良くなっているのか悪くなっているのか,分からなくなる.

kamolandをフォローしましょう


© 2019 KMIソフトウェア